マイルのたまりやすいカードがオススメです

今や、公共料金、毎日のスーパーでのお買い物、交通費、場合によっては家賃までクレジットカードが使える時代になりました。もちろん、利用する店舗に対してポイント率が優遇されているカードを沢山使い分ければ最も効率がいいです。でも、クレジットカードも管理に慣れるまでは沢山持つのも意外と面倒なんですよね。特にポイントカードなんかに無頓着な旦那様や、若い方は面倒がって現金やお決まりの一枚のカードを使いがち。そこで、マイルのたまりやすいカード中から、VISA、マスター、JCB。この3つの内2種類以上のカードをメインにするのがオススメです。なぜマイルがオススメかというと、マイルは還元率やキャンペーンが太っ腹なカードが多い。という事と、マイルは持て余さない。という二点があるからです。マイルは持て余さない。その理由は飛行機は速いからです。特に国内ならあっという間に着いちゃいます。だから祝日がからまない普通の週末でも簡単に使えちゃうんです。週末グルメの為に飛行機でひとっ飛びなんてプチセレブな事も、普段利用してるカードでたまったマイルなら躊躇せずできちゃいますよね。ものぐささんにこそ、ためやすくて使いやすいマイレージ提携クレジットカードがオススメですよ。

初めてのクレジットカードづくり

初めてつくるという人は、年会費無料のクレジットカードの中から選ぶのがいいでしょう。このカードで1年ほど、利用頻度の状況をみるようにします。2、3回しか使わなかったということであればクレジットカードを持つ意味があまりなくなってしまうので、なるべくお金をかけずにつくることがポイントです。中小よりも大手です。中小のほうがサービスが優れていたとしても、大手のクレジットカードのほうが安心感があります。最初はクレジットカードの良さも悪さも判断できていない状態です。何よりも優先すべきなのは安全に使うことなのです。使い方を誤れば、便利なクレジットカードで損してしまうこともありえます。名の知れた大手のクレジットカーであれば、リスクを最小限に留めておくことができるのです。

クレジットカードはどこも同じではない。

クレジットカードはどこも同じように見えますが、そうではありません。特にポイントサービスでは大きな差があります。ポイントサービスは購入金額に対して一定の割合でポイントに還元するサービスですが、平均的には0.5%~1%が平均的なポイント還元率です。つまり1000円の買い物をすると5円~10円分のポイントが付与されるということです。これでも年間100万円くらいカードを使うとすると5000円~1万円分のポイントがつきますからバカにはできません。しかし、JACCS系のREXカードだと1.5%つきますので1.5万円になります。5000円の差は大きいですよね。ガス、電気、携帯電話などカードで支払えるものは全部カード支払いにすればポイントはどんどん貯まりますのでどのカードにするかは十分検討することをおすすめします。

海外旅行に役立つクレジットカードの付帯サービス

クレジットカードを選ぶ上で、どのような付帯サービスがあるのかを事前に調べておくと、海外旅行をより快適にすることができます。というのも、クレジットカードの付帯サービスには、万が一のことがあった時に高額の補償をしてくれる保険サービスから、さらには空港のラウンジを無料で利用できるサービスまで、種類が豊富だからです。仕事にしろ、プライベートにしろ、海外でのショッピングはクレジットカードによる決済の方がスムーズですし、なによりもポイントが溜まってお得です。特に海外旅行に強いクレジットカードになりますと、空港のラウンジだけでなく、自宅から空港までの手荷物の宅配を無料で請け負ってくれるサービスまで付帯していることがあります。このように付帯サービスが充実しているクレジットカードは、海外旅行において非常に役立つカードとなります。

クレジットカードの契約内容や使用には細心の注意を配る

 社会人一年生になったことがきっかけとなり、クレジットカードへ入会することは珍しくないです。きちんとした定収入があるならその審査はだいたいの場合で通過し、その結果クレジットカードができればショッピング等で自由に利用することができます。 ですが、知識の乏しい状態でクレジットカードを闇雲に使うのはおすすめできません。クレジットカードはあくまで形式的には借金をしているのですから、その契約内容がどうなっているのかをきちんと確認してから使うべきです。 社会人一年生だとまだそのあたりがわかっておらず、お金に関して思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれません。ですので、クレジットカードへ入会するときはその概要と契約をよく確認し、慎重に使わなければいけないのです。

クレジットカード会社のギフトカードが当たるキャンペーンには登録する

 クレジットカードのキャンペーン登録は、できるだけ行っておいたほうが良いです。特に利用額が毎月5万円を超えるような人は、そういう人を対象にしたギフトカードの当たるキャンペーンをクレジットカード会社が行っていたりしますので、それをスルーしてしまうのは当たるチャンスを自ら放棄していることになってしまいます。 それら利用金額に応じたキャンペーンは、クレジットカード会社がたくさん利用している人に向けてサービス的に行っているものです。当選者数に限りのある抽選ですので、必ずしも当たると決まっているわけではありません。ですが、それで数千円分、あるいは数万円分のギフトカードが当たればとてもラッキーですし、とりあえずキャンペーン登録をしておいて損はないです。

割引特典のあるクレジットカードを作れば断然お得

 よく通うお店のクレジットカードを作ることで、買い物時常に割引される場合があります。それは数%程度に過ぎませんが、それでも繰り返し割引されればだいぶ違います。その店に支払う年間の支払額が高くなればなるほど、たとえ数%程度の割引でも軽視することができなくなります。 いつも1000円以下の買い物しかしていないと数%程度の割引では大して得にならないという印象を、どうしても抱いてしまいがちです。ですが、それが何年も続いたらかなりの額割引きになるのですから、やはり見過ごさずにその割引特典を受けることが大事です。 これはそのお店によく通うようになった最初の段階ですぐクレジットカードを作るのがコツで、変に間をあけてしまうと作るタイミングを失ってしまいます。

やっぱりクレジットカードを持つと便利!

私は今までクレジットカードを就職してからもしばらく持って無かったんです。それはやっぱり、使いすぎてしまうかな?と考えていたからなのですが、社会人生活の中やネットショッピングなどで必要になる機会も増えてきました。そこでやっぱり社会人として少なくとも、クレジットカードは持っていたほうが良いなあと思い審査の通りやすそうなカード会社に申し込むことにしました。問題無くカードを持つことが出来るようになったのですが、さすがに便利だと気付きましたね。現金こそ全てだった私にとってはビックリですが、やはり世の中はクレジットカードありきの社会なんですね。今ではお金のやりくりも上手くいっていますし、何よりポイントも付くので結果的に便利でお得に生活していますよ。

楽天カード

楽天カードを使っています。なぜ楽天カードにしたかといいますと、楽天カードは年会費無料なのです。クレジットカードを持つだけで、年会費を払うというのは嫌だと思いました。今までクレジットカードを持っていなかったので初心者は楽天カードというイメージのカードでした。もちろん本元の楽天市場でも買い物できますし、ガソリンスタンドでもお得っていう特典も少しひかれてしましました。パートだったのですが、簡単に審査に通り、クレジットカードの利用が可能になりました。クレジットカードを一回紛失した時もサービスセンターの対応は非常によかったと思います。年に一回使えばポイントが消えることなく無期限になるので、安心です。カード選びに迷う方はぜひご参考ください。

クレジットカードの審査方法について

クレジットカードを利用する際に一番気になるのが審査です。審査では申込者の資力や信用度や資産など幅広くチェックされます。具体的には 職業や勤務先や雇用形態や勤続年数や年収や借入額などの項目をスコアリング方式で審査します。以前は正社員でなければ審査通過が難しかったですが、最近はアルバイトや非正規雇用の契約社員でも、一定の条件を満たせば審査に通る可能性があります。クレジットカードの審査で意外と重視されるのが勤続年数です。長年同じ職場で働いている人は、金銭管理がキチンとして信用度が高いからです。そのため正社員でも最低1年以上の勤務実績が必要となります。審査項目などは各社ともにほぼ共通していますが、評価点数は異なります。そのため同じ条件で申し込んでも、会社によって審査に通る場合と落ちる場合があります。