クレジットカードの審査方法について

クレジットカードを利用する際に一番気になるのが審査です。審査では申込者の資力や信用度や資産など幅広くチェックされます。具体的には 職業や勤務先や雇用形態や勤続年数や年収や借入額などの項目をスコアリング方式で審査します。以前は正社員でなければ審査通過が難しかったですが、最近はアルバイトや非正規雇用の契約社員でも、一定の条件を満たせば審査に通る可能性があります。クレジットカードの審査で意外と重視されるのが勤続年数です。長年同じ職場で働いている人は、金銭管理がキチンとして信用度が高いからです。そのため正社員でも最低1年以上の勤務実績が必要となります。審査項目などは各社ともにほぼ共通していますが、評価点数は異なります。そのため同じ条件で申し込んでも、会社によって審査に通る場合と落ちる場合があります。

家族カードのメリットとデメリット

クレジットカードは複数持っていますが、中に家族カードが2枚程あります。在職中ならカード申し込みの審査に通らないことはあまりないと思いますが、特に休職中や専業主婦は審査の結果、発行してもらえないことがあります。まさにその理由で夫が既に所有していたカードに家族カードの申請をしたのです。主婦が家族カードを発行してもらう場合、大抵の場合は夫がメイン保持者となります。問題なく発行してもらえたことや、支払いもメインの保持者の口座からとなり家庭内でバラバラに金銭管理をしなくてもよくなるメリットはありがたいですが、そのメリットが時にデメリットとなることがあるのも否めない事実です。どこでいくら使ったかが明細に表示されるので、個人的な買い物にも気をつける必要があります。

クレジットカードの利用付帯について。

海外旅行へ行く際に必ず持っておくべきものはクレジットカードです。クレジットカードを持っておくことでショッピングなどに有効に使うことが出来ます。自動的に海外旅行保険が適用される自動付帯機能付のクレジットカードを持っておくべきですが、中には自動では保険が適用されないクレジットカードがあります。利用付帯と呼ばれるもので、海外でショッピングや公共交通機関の利用時に使うことによって保険が適応されます。(各種カードによって条件があります。)例えば、利用付帯機能のクレジットカードは楽天カード、リクルートカード、JCB一般カードなどがあります。テレビ放送などのメディアで多く取り上げられている楽天カードは利用付帯のカードですので、自動付帯のカードが良いという方は違うカードを使うことをおすすめします。

車のETCとクレジットカード

自分はクレジットカードは持っていたのですが、そのあとに車の免許を取ったということでETCカードを持つことになりました。当然ですがETCカードはクレジットカードと一緒にした方がポイントなどでお得となるために、もう一枚追加で持って二枚にしてもいいかなと思いました。色々とETCカードと一緒でお得になるクレジットカードを比較サイトで調べましたが、やはりポイント的なことを考えてオリコカード ザ ポイントを選ぶことにしました。方法としては申し込み時に一緒にするだけで後日二枚とも送られてきたのですが、簡単に出来たので良かったと思います。通常のポイントの他にもETC独自のポイントもあるそうなので、旅行好きな自分には有り難いです。

クレジットカードの理想的な所有枚数

1枚も持っていない人ならともかく、1枚だけ持っているという人は意外に少ないのではないでしょうか。最初はだれでも1枚だけですが、クレジットカードの使いかたに慣れてくると2枚、3枚とどんどん増やしていくものです。クレジットカードを使っている人の大半は、3、4枚くらいは所有しています。クレジットカードは、最低限これくらいの数は持っておいたほうがいいというのは特にありません。人それぞれで問題ないのです。ただ、複数持つのなら目的別に使い分ける必要があります。持っているのに全く使わないのでは意味がありません。年会費を支払っているようなことでもあれば、無駄にお金を損していることになります。クレジットカードは、何枚持っていてもいいので目的を持って使うことが大切です。無計画ではなく計画的に発行するようにしましょう。

私にとって多少罪悪感を感じる便利な物、それがクレジットカード

今私が使っているカードは年会費無料の簡単に作れるカードです。正直ポイント等に関してはあまり考えずに使用してきたのでよくわかりません。ただお付き合いで作ったのですが、ちょっと贅沢な買い物をする時には強い味方になってくれるので有り難いです。 本当はカードを使うと何となく借金がある、という感覚で気になって仕方がないところがあるので使用する事があまり好きではないのです。でもやはり欲求に負けてしまう事もあるので、そんなときには支払い回数を慎重に選んで無理の無い範囲で使用します。まとまった収入がある時には残一括をする事もありますが、一般庶民としては毎月の生活は出費も常に頭に入れながら使わなければなりません。 便利な反面、使用時には少し罪悪感じみた感覚にもなるクレジットカード。もう今の時代は使用する事が当たり前なのでしょう。まだまだ私も残りの人生があるのでそういった使用に関しては慣れた方が良いのでしょうけど…。

クレジットカードのポイントは助かります

クレジットカードを作ってポイントを貯めると、それに乗じてあらゆるものに交換ができてとても便利ですよね?クレジットカードは買い物をするときにもあると便利ですし、買い物などで貯まったポイントを様々なものと交換ができるのでありがたいです。たくさんの方々がクレジットカードを所有していると思うのですが、クレジットカードを有効活用することで、ちょっとしたお得感もありますよね。多くの人にとってクレジットカードはすごく便利なものですし、なくてはならないでしょう。生活の一部としてクレジットカードはすっかり定着していますし、これからも私たちにとって、クレジットカードは貴重な存在ではないでしょうか。クレジットカードにはメリットが多数あって嬉しいですね。

自分にとってのクレジットカードの存在。

「クレジットカード」という言語を目にしたのは学生時代でした。学校で、カードについてのトラブル、詐欺などの注意を促す映像も見たことが有ります。このことで、クレジットカードは危険で使いたくないという先入観を抱きました。しかし、大人になり、多少のお金のやり取りをするようになった今では、その先入観はありつつも、その便利性に惹かれ、支払い方法の主流になっております。まず、財布の中身は軽いし、ポイントもつく、更に年会費無料という特典がつくと嬉しいですね。私は使っているのは、楽○カードですが、こちらは楽○市場での買い物の期間や商品によっては、ポイントが数倍になるという魅力もあります。ただ、期間限定のポイントをどう使うかで焦るというデメリットはあります。できれば期間限定ポイントという制度をなくしてほしい・・・という欲張りな考えもある今日この頃です。

クレジットカードの作り方について

クレジットカードの申込手順は、クレジットカード会社によってそれぞれ違いますが、
もっとも一般的な手順は、そのカード会社のサイトにアクセスして、
住所や氏名、年収などの個人情報を入力して、申し込みをするやり方です。
即時カードが発行されるか、しばらくしてからカードが発行されるかは会社によって異なりますが、
その後数週間以内に(審査に落ちてなければ)自宅にカードが届きます。
そしてその後にどの銀行口座から引き落としをするか、
といった書類を書いて、終わりです。
また、どこかの段階で本人確認をする必要があります。
クレジットカードの作り方については、クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!を参照して、どのクレジットカードを申込むかどうか検討されるとよいでしょう。

クレジットカードの審査基準はいくつかありますが、
重要なのは年収と雇用形態、勤続年数です。
年収は高ければ高いほど審査が通りやすいですし、
勤続年数も長ければ長いほど審査が通りやすいです。
雇用形態は正社員など安定している雇用形態のほうが有利になります。
ただ、年収が高い公務員がカード申し込みをしても、審査に通らない場合があります。
それはクレヒスが悪い場合です。
このクレヒスとはクレジットカードの利用記録のことですが、
この記録が悪いと(例えばたびたび滞納をしていたりすると)
審査に落とされる確率が飛躍的に高くなります。
なので審査を受ける際にはクレヒスに気をつけなければならないのです。

クレジットカードのクレヒスについて

クレジットカードを使うほどにクレジットヒストリー、通称クレヒスというものの評価が上がっていきます。クレヒスはほとんどの銀行や消費者金融会社に情報共有されていて、その人にお金を貸し出せるかどうかの最重要の評価ポイントになっているのです。これはたとえば携帯電話の割賦契約を行う際や住宅ローンを組む時などにも参考にされています。ですのでクレジットカードを作ったならば積極的に使っていくことが将来に向けて大切な準備の一つになるわけです。ネット通販の支払いを全てクレジットカードで行うのはもちろん、日常のちょっとした買い物であってもなるべくクレジットカードで済ませて、できたら公共料金などもクレジットカードで払えるものは払ってしまいましょう。