クレジットカードはどこも同じではない。

クレジットカードはどこも同じように見えますが、そうではありません。特にポイントサービスでは大きな差があります。ポイントサービスは購入金額に対して一定の割合でポイントに還元するサービスですが、平均的には0.5%~1%が平均的なポイント還元率です。つまり1000円の買い物をすると5円~10円分のポイントが付与されるということです。これでも年間100万円くらいカードを使うとすると5000円~1万円分のポイントがつきますからバカにはできません。しかし、JACCS系のREXカードだと1.5%つきますので1.5万円になります。5000円の差は大きいですよね。ガス、電気、携帯電話などカードで支払えるものは全部カード支払いにすればポイントはどんどん貯まりますのでどのカードにするかは十分検討することをおすすめします。

海外旅行に役立つクレジットカードの付帯サービス

クレジットカードを選ぶ上で、どのような付帯サービスがあるのかを事前に調べておくと、海外旅行をより快適にすることができます。というのも、クレジットカードの付帯サービスには、万が一のことがあった時に高額の補償をしてくれる保険サービスから、さらには空港のラウンジを無料で利用できるサービスまで、種類が豊富だからです。仕事にしろ、プライベートにしろ、海外でのショッピングはクレジットカードによる決済の方がスムーズですし、なによりもポイントが溜まってお得です。特に海外旅行に強いクレジットカードになりますと、空港のラウンジだけでなく、自宅から空港までの手荷物の宅配を無料で請け負ってくれるサービスまで付帯していることがあります。このように付帯サービスが充実しているクレジットカードは、海外旅行において非常に役立つカードとなります。

クレジットカードの契約内容や使用には細心の注意を配る

 社会人一年生になったことがきっかけとなり、クレジットカードへ入会することは珍しくないです。きちんとした定収入があるならその審査はだいたいの場合で通過し、その結果クレジットカードができればショッピング等で自由に利用することができます。 ですが、知識の乏しい状態でクレジットカードを闇雲に使うのはおすすめできません。クレジットカードはあくまで形式的には借金をしているのですから、その契約内容がどうなっているのかをきちんと確認してから使うべきです。 社会人一年生だとまだそのあたりがわかっておらず、お金に関して思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれません。ですので、クレジットカードへ入会するときはその概要と契約をよく確認し、慎重に使わなければいけないのです。

クレジットカード会社のギフトカードが当たるキャンペーンには登録する

 クレジットカードのキャンペーン登録は、できるだけ行っておいたほうが良いです。特に利用額が毎月5万円を超えるような人は、そういう人を対象にしたギフトカードの当たるキャンペーンをクレジットカード会社が行っていたりしますので、それをスルーしてしまうのは当たるチャンスを自ら放棄していることになってしまいます。 それら利用金額に応じたキャンペーンは、クレジットカード会社がたくさん利用している人に向けてサービス的に行っているものです。当選者数に限りのある抽選ですので、必ずしも当たると決まっているわけではありません。ですが、それで数千円分、あるいは数万円分のギフトカードが当たればとてもラッキーですし、とりあえずキャンペーン登録をしておいて損はないです。