クレジットカードを持つことの魅力

まずは「財布に高額のお金を入れて持ち歩かなくてもいい」ということです。例えば、スーパーなど、日々の買い物などのシーンでは、いちいち財布から現金を取り出して現金のやりとりをするのではなく、さっとクレジットカード一枚でお会計することで、スピーディーにやりとりをすることが出来るという点です。「時は金なり」という言葉もあるように忙しい人、または、あらかじめ予算を決めておいて、月末などにクレジットカード支払分を銀行口座から引き落とす、というような合理的な生活が出来る人にはとても使いやすいカードになります。次に、ショッピングポイントです。カードによっては、指定された場所で買い物をするたびに、ショッピングポイントが付与されます。たまったポイントは、グッズなどに交換できますので、これもメリットになります。最後に、意外に見落とされがちですが、「クレジットカード」はその通り、その人のクレジット、つまり「信用」を意味するわけです。ですから、部屋を借りるときなどで、保証人がいないときなどに、クレジットカードを持っていることでその人の信用を評価してくれる大家さんもいるみたいです。

出張先でのクレジットカード

基本的にはほとんどの支払いをクレジットカードですませることにしているため、財布の中には現金がほとんど入っていないのが現状です。こうなるとたまに遠方出張、そして実際に宴席などに出くわした際に、現金が必要になって困るという事態になるのです。しかしながら、財布の中に大きなお金を入れておくことが怖い私にとってはまとまったお金を入れておくことの方が怖いというのが現実です。といっても、ぎりぎりまでは現金を下ろさないで行くといっていれば地方に行けばいくほど、お金をおろすところは少なくなるというマイナスのサイクル。ということで最近は最低限の現金を必ず、財布に入れておき、それ以上は持たない生活に切り替えました。

思わぬ落とし穴。ポイント還元率だけでクレジットカードを変更したら、限度額が低すぎた。

私は、普段からすべてのお金の支払いはクレジットカードにしています。それはポイントをもれなく貯めるためです。今までVISAカードを使っていましたが、ポイント還元率がより高いJCBカードに変更しました。 しかし、ここで思わぬ落とし穴がありました。それは限度額です。VISAカード時代は、長く利用していたこともあって限度額は月額100万円ありました。そのため、限度額を意識せず高価な買い物もできました。 ところが、JCBのカードの限度額は月額20万円です。普段の生活だけなら問題ない金額ですが、海外旅行の支払いや高価な家電を購入する際にはこの限度額が問題になります。いろいろ調べてみると限度額を上げるためには、6ヶ月以上の支払い実績が必要でした。 結果的に半年間は、大きな買い物には現金が必要となってしまいました。クレジットカードを変える時は、還元率だけでなく、限度額も考慮しなければならないことがよくわかった体験でした。