クレジットカードの魅力なキャンペーンは効果あり?

インターネットを見ていますと、ちょいちょいクレジットカードに関するバナー広告が出ていますので、やっぱり気になってしまいますよね。とくに「今、本クレジットカードに入会すれば3千円分無料でショッピング!」などというワードは魅力的に見えてしまいます。けれどもクレジットカードを使わない者にとって、このような魅力的なキャンペーンも結局は一時的なものに終わったりしてしまうのですよね。だって、クレジットカードを作ったところで、その後はクレジットカードを使用しないのですから。けれども、ものぐささは健在で、クレジットカードをつくったままで解約しないままにしておく人も多いものですから、だからこそやっぱりクレジットカードの魅力なキャンペーンは効果があるということでしょう。

持つクレジットカードの適正枚数

クレジットカードって年会費無料なら何枚持ってても特に損しないし問題もありません。でも、だからと言ってたくさん持っててあれこれシーンに応じて使い分けしようとしても逆に損します。それは、例えばこの通販サイトの支払いならポイントが何倍になるから、とその通販サイトだけそのカードの支払いにするとか、このガソリンスタンドならポイント何倍になるからこちらのカード支払いにするなど使い分けてると大変です。それは3,4枚程度までならアリですが、それ以上増えると結局上手く貯めてるつもりだったクレジットカードのポイントが、交換出来るまでに至らずに有効期限過ぎて失効してしまう可能性が高いのです。人が年間にクレジットカードで支払う額なんてあまり変わらないので、せっかくなら貯めてるポイントが交換出来るように、普段使い分けするクレジットカードも絞って3,4枚までにしておくのがベターです。カードのポイントも、早い所で取得してから一年で有効期限が切れるものもあるので注意が必要です。

侮れないスーパー発行のクレジットカード

いつも行くスーパーのポイントカードを持っていましたが、スーパーのクレジットカード発行に伴い、他のクレジットカードで買い物をするとポイントが付かないようになりました。そのスーパー発行のクレジットカードに入ってまでポイントをためようとは思っていませんでしたが、現金以外はポイントが付かないので、その店舗で買うのをやめました。しかし、そのスーパーの商品や価格が魅力だったため、また買い物をするようになりました。やはりポイントが付かないのが勿体なくて、数ヵ月後とうとうスーパー発行のクレジットカードに加入する事にしました。驚くことに、月に何度もポイントが5倍になったり、お得なサービスポイントが付いたりして、あっという間にポイントがドンドンたまりました。そのポイントで買い物も1円から出来るのもすごいと思いました。数ヶ月間このスーパーのクレジットカードに加入しなかったのが悔やまれるほどでした。