クレジットカードの審査方法について

クレジットカードを利用する際に一番気になるのが審査です。審査では申込者の資力や信用度や資産など幅広くチェックされます。具体的には 職業や勤務先や雇用形態や勤続年数や年収や借入額などの項目をスコアリング方式で審査します。以前は正社員でなければ審査通過が難しかったですが、最近はアルバイトや非正規雇用の契約社員でも、一定の条件を満たせば審査に通る可能性があります。クレジットカードの審査で意外と重視されるのが勤続年数です。長年同じ職場で働いている人は、金銭管理がキチンとして信用度が高いからです。そのため正社員でも最低1年以上の勤務実績が必要となります。審査項目などは各社ともにほぼ共通していますが、評価点数は異なります。そのため同じ条件で申し込んでも、会社によって審査に通る場合と落ちる場合があります。